英会話スクールトラブル

英会話スクールトラブル

英会話スクールが乱立して過当競争になっている地域があります。

 

2007年のNOVAという業界最大手の英会話スクールの破綻が、全体の英会話スクールの経営に大きく影響しております。

 

 

 

新規生徒の入会数も減少傾向にあり、途中で解約する会員数も増えてきております。

 

NOVAの倒産や、4000人の生徒を抱えていたラド・インターナショナルが東京地裁に自己破産を申請した事が大きく報道されたために、前金で収めた会費や授業料が戻らなくなることを心配する人たちが増えております。

 

 

実際に、生徒数の減少で経営が困難になった英会話スクールが、外国人講師の給料や契約金が不払いになってトラブルになったケースも出てきています。

 

日本の英会話スクールに関しての記事がニューズウィーク日本版に記載されたことがあります。

 

その記事では、マンツーマンでの授業で、一人の生徒から徴収している授業料が1コマ7000円に対して、外国人講師に支払っている給与が1400円という低い金額であることを批判しております。

 

 

 

また、大手や中堅以上の英会話スクールは生徒の獲得競争のために多額の広告宣伝費をかけます。

 

この宣伝広告費が英会話スクール経営を経費の面から圧迫しています。

 

 

 

しかし、このような環境の中でも小規模な英会話スクールが丁寧に英会話の上達を指導してくれるところもあります。

 

小規模ですから宣伝などしないで口コミで生徒を集めている英会話スクールがあります。

 

英会話スクールが主導してグループを作って皆で楽しみながら英会話を楽しみながら学べるスクールです。

 

 

 

日本に在住している外国人が自宅を提供して、親切な指導と先生と生徒たちが家族的な楽しい雰囲気の中で、小規模ながら堅実な形で確実に生徒を増やしているものもあります。